MENU

閉じる

閉じる


B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります

トップ > 各課の仕事 > 保健福祉課 > お知らせ > B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります

B型肝炎ワクチンの定期予防接種

ウイルスと注射のイラスト画像

予防接種法が改正され、10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種になります。平成28年4月1日以降に生まれた0歳児が対象です。
1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。1歳になってしまうと定期接種の対象外となりますので、4~5月生まれのお子さんで定期接種になってからB型肝炎ワクチンを接種される場合は、早めに受けるようにしましょう。

対象年齢

生後1歳に至るまでの間

標準的な接種期間は生後2か月から生後9か月に至るまでです。

予診票

新生児訪問時にお渡しします。

新生児訪問が終わっているお子さんには、郵送します。(9月中旬予定)

予約

小児科診療日(接種当日)の午前11時までに標茶町立病院にご連絡ください。

接種回数

3回

(注)1回目接種と2回目接種の間は、27日以上あけなくてはなりません。また、1回目接種と3回目接種は139日以上あけなくてはなりません。なお、定期予防接種は、1歳になってしまうと対象外となりますので、ご注意ください。

お問い合わせ先

標茶町 保健福祉課健康推進係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町開運4丁目2番地
TEL 015-485-1000 FAX 015-485-2117

お知らせ

ページの先頭へ