MENU

閉じる

閉じる


イベントの中止等によるチケットの払戻しを受けない場合の個人住民税の寄付金控除について

トップ > 各課の仕事 > 税務課 > お知らせ > イベントの中止等によるチケットの払戻しを受けない場合の個人住民税の寄付金控除について

イベントの中止等によるチケットの払戻しを受けない場合の個人住民税の寄付金控除について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われた文化芸術・スポーツイベントについて、チケットの払い戻しを受けない(放棄する)場合に、その金額分を「寄附」とみなして個人住民税の寄附金税額控除を受けることができます。

対象となるイベント

寄附金税額控除の対象となるイベントは、以下の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに日本国内で開催、又は開催予定の不特定かつ多数のものを対象とする文化芸術・スポーツイベント
  2. 政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われたイベント
  3. 上記1および2に該当し、主催者が文化庁、またはスポーツ庁へ申請し、それを文部科学大臣が指定し、かつ標茶町が指定するイベント

※対象イベントは、文化庁・スポーツ庁のホームページ参照。下記リンクよりご確認ください
※標茶町が指定するイベントは、文部科学大臣が指定したすべてのイベントとなります

対象となる課税年度

令和3年度または令和4年度の個人住民税

控除上限額

(対象額合計-2,000円)×10パーセント(町民税6パーセント、道民税4パーセント)
寄付金額の上限は、20万円または総所得金額の合計額の30パーセントの低い方の金額となります。
(注)イベント主催者から、1.払戻請求権放棄証明書と2.指定行事証明書の交付を受け、翌年の申告時期に税務署へ確定申告を行うことにより、控除が受けられます。

お問い合わせ先

標茶町役場 税務課税務係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

お知らせ

ページの先頭へ