MENU

閉じる

閉じる


児童手当について

トップ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 医療費助成・各種手当 > 児童手当について

児童手当とは

家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として支給される手当です。

児童手当の支給対象

児童手当は、15歳に到達した日以降最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前の児童)を養育している方に支給します。

助成の範囲

助成の範囲一覧
区分 児童の年齢 所得制限未満の受給者 所得制限以上の受給者
一般受給者 0~3歳未満 月額(一律):15,000円 月額(一律):5,000円
3歳~小学校修了前 第1子・第2子 月額(一律):10,000円
第3子以降(注) 月額(一律):15,000円
中学生 月額(一律):10,000円
施設等受給者 0~3歳未満 月額(一律):15,000円 施設等受給者については
所得制限はありません。
3歳~小学校修了前 出生順位に関わらず
月額(一律):10,000円
中学生 月額(一律):10,000円

(注)高校卒業(18歳に達した日、以後の最初の3月31日)までの養育している児童のうち3番目以降の児童

所得制限

所得制限一覧表
扶養親族等の人数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

(注1)所得税法に規定する老人控除対象配偶者、または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者、または老人扶養親族一人につき6万円を加算した額
(注2)扶養親族数が6人以上に場合の限度額(所得ベース)は、5人を超えた一人につき38万円(被扶養親族等が老人控除対象配偶者、または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額
(注3)児童を養育している方の所得が上記の額以上のときは、児童一人あたり月額一律5,000円を支給します。(特例給付)

支給月

6月・10月・翌年2月に前月分までの手当を、受給者(児童を養育する父か母)名義の口座に振り込みます。

児童手当の支給開始月

原則、申請月の翌月から支給を開始します。
ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近いときは申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請した月から支給されます。

申請が遅れますと、原則、遅れた月分の手当てを受給できなくなりますので、ご注意ください。

児童手当の更新

毎年6月に現況届を提出してください。
現況届は6月上旬までに役場より送付いたします。

(注)現況届を提出されない場合、児童手当の受給資格があっても6月以降の支給を受けることができませんので、現況届は必ず提出してください。

関連手続き

児童手当の手続きについて(5番窓口:保健福祉課児童福祉係)

お問い合わせ先

標茶町役場 保健福祉課児童福祉係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

更新情報

ページの先頭へ