MENU

閉じる

閉じる


新型コロナウイルスのワクチン接種について

トップ > 各課の仕事 > 保健福祉課 > お知らせ > 新型コロナウイルスのワクチン接種について

新型コロナウイルスのワクチン接種について(令和3年7月16日現在)

標茶町では、新型コロナワクチン接種に向けて、町民の皆さんが安全かつ迅速に接種行えるように準備を進めているところです。
接種時期やワクチンの供給について未確定な部分も多くありますが、詳細が決まりましたら、ホームページや新聞折り込み、広報等でお知らせしていきます。また、国からの情報により変更する場合があることもご了承ください。

接種対象者

標茶町での新型コロナワクチン対象者は、接種を受ける日に標茶町に住民票がある方です。なお、現在薬事承認されているファイザー社製のワクチン(コミナティ)は接種日において12歳以上の方が対象になります。

接種順位

ワクチンの供給が順次行われていく見通しであることから、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。

接種順位 内容 予約受付・接種状況 等
1.医療従事者 先行接種中
2.高齢者 令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前生まれ) 5月12日から接種開始
3.基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者 「基礎疾患を有する方」
令和3年度中に65歳に達しない方であって、以下の病気や状態の方で通院または入院している方
・慢性の呼吸器の病気・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又はほかの病気を併発している糖尿病・血液の病気(鉄欠乏性貧血は除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
・重い精神疾患(精神疾患の治療のために医療機関に入院している精神障害者保健福祉手帳を所持しているまたは自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)
・知的障害(療育手帳を所持している場合)

「高齢者施設等の従事者」
高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス等)において、利用者に直接接する職員
7月1日から接種券優先送付の申請を受付受理後、7月15日より順次送付
4.60~64歳の方 ワクチンの供給量によっては、基礎疾患を有する者と同じ時期に接種を行います 7月下旬より接種券の送付を予定
5.12~59歳の方 ワクチンの供給量等をふまえ、順次接種
(注)ワクチンの供給量・時期によっては、年齢により接種時期を細分化する可能性があります。
年齢の高い層から段階的に接種券を送付予定

接種券について

接種券は順次送付しております。
接種券は接種の際に必要ですので、シールははがさずにそのまま保管しておいてください。
何らかの事情により接種券を紛失、滅失、破損等した場合は新型コロナワクチン専用ダイヤル(015-486-7383)に電話で再発行の申し出をしてください。
再発行の申し出が必要な場合は以下の通りです。

今後もワクチンの納入に合わせてその都度接種日をお知らせしていきますので、ご確認ください。

接種場所

ふれあい交流センター(集団接種)
〒088-2312 標茶町開運4丁目2番地(町立病院となり)

(注)原則、住民票のある市町村で接種を受けていただきます。基礎疾患があり町外のかかりつけ医での接種を希望する方の接種については、受け方など改めて周知します。

接種回数

現在承認されているファイザー社のワクチンは2回接種になります。
1回目の接種後、通常3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。
1回目と2回目は同じワクチンを受けてください。
前後に他の予防接種を受ける場合は、原則13日以上の間隔をあけてください。

接種費用

全額公費で行われるため、無料です。

接種の同意

ワクチン接種は強制ではありません。
ワクチンによる感染症予防の効果と副反応のリスク双方についてよく理解していただいたうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。

接種予約

ワクチン接種の予約が開始しております。
電話やWEBサイトで予約を受け付けます。1回目の予約をすると自動的に2回目の予約が完了します。2回目は1回目の3週間後の同じ曜日、時間帯になります。

電話での予約
新型コロナワクチン接種お問い合わせセンター
TEL:0120-307-101
(6月より予約の番号が変更になっています)
受付時間 午前8時から午後8時(平日、土・日曜日、祝日)

WEBサイトでの予約
標茶町新型コロナワクチン接種予約システムこのリンクは別ウィンドウで開きます

集団接種の日程

1回目の接種日 2回目の接種日
6月26日 (土) 7月17日 (土)
6月27日 (日) 7月18日 (日)
6月30日 (水) 7月21日 (水)
7月5日 (月) 7月26日 (月)
7月7日 (水) 7月28日 (水)
7月12日 (月) 8月2日 (月)
8月1日 (日) 8月22日 (日)
8月4日 (水) 8月25日 (水)
8月11日 (水) 9月1日 (水)
8月16日 (月) 9月6日 (月)
8月17日 (火) 9月7日 (火)
8月18日 (水) 9月8日 (水)
8月23日 (月) 9月13日 (月)
 (注)8月24日   (火)   

(注)8月24日(火曜日)の接種につきましては、都合により当面の間予約受付を中止しています。

 

受付時間について
密を避けるために受付時間を30分毎に区切ってお呼びしています。指定された時間内にお越しいただきますよう、ご協力お願いいたします。

キャンセル待ちについて

当日体調不良などの理由でキャンセルが発生する場合が想定されます。ワクチンを有効活用することを目的として、キャンセル待ちの申し込みを受け付けています。

申し込みができる条件(以下1.2.3のすべてを満たす方)

  1. 標茶町民で接種券をお持ちの方
  2. 予約をしていない方(予約とキャンセル待ちの両方の登録はできません)
  3. 電話連絡から1時間程度でご自分で来所できる方

注意事項

申込先

新型コロナワクチン専用ダイヤル(015-486-7383)にお問い合わせください。

 

送迎を希望する方へ

移動手段がない方(免許返納等)へ送迎を行います。
詳しくは下記ダウンロード欄より資料をご確認ください。

住所地外(標茶町以外)での接種を希望する方

新型コロナウイルスワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととされていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関が所在する市町村に事前に申請を行うことにより接種を受けることができます。希望される方は新型コロナワクチン専用ダイヤル(015-486-7383)にお問い合わせください。

  1. 出産のために里帰りしている妊産婦
  2. 単身赴任者
  3. 遠隔地へ下宿している学生
  4. ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  5. 入院・入所者(申請省略可)
  6. 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合(申請省略可)
  7. 災害による被害にあった者(申請省略可)
  8. 拘留または留置されている者、受刑者(申請省略可)
  9. その他町長がやむを得ない事情があると認める者
  1. 郵送申請
    「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」、「返信用封筒」を添付して、接種を行う医療機関が所在する市町村に郵送して下さい。
  2. 窓口申請
    接種を行う医療機関が所在する市町村の窓口に「住所地外接種届」の他、「接種券」または「接種券の写し(コピー)」を提出して下さい。

入院・入所者(申請省略可)
基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合(申請省略可)
災害による被害にあった者(申請省略可)

接種当日について

お持ちいただくもの

2回目の接種の方は、1回目接種時にお渡ししたファイルにいれて持ってきてください。

服装について
ワクチンは肩の高い位置に接種します。接種時すぐに肩を出せる服装でお越しください。
(例)半袖にシャツやカーディガンを羽織る など

副反応について

ワクチン接種後にはワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、副反応が生じる可能性があります。
接種後に注射した部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
また、ごくまれにアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。もしアナフィラキシーが起きたときには、接種会場ですぐに対応ができるよう医薬品などの準備をしています。なお、ワクチン接種を受けた後、15分から30分程度、接種会場でお待ちいただきます。

予防接種健康被害救済制度について

一般的にワクチン接種では、副反応よる健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
詳しくは、厚生労働省の予防接種健康被害救済制度このリンクは別ウィンドウで開きますのページでご確認ください。

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種お問い合わせセンター
電話 0120-307-101 (フリーダイヤル) (6月より番号が変更になっています)
受付時間 午前8時から午後8時(平日、土・日曜日、祝日)

相談窓口

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話 0120-761-770 (フリーダイヤル)
受付時間 午前9時から午後9時(平日、土・日曜日、祝日)
聴覚に障害のある方は、一般社団法人全日本ろうあ連盟ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

北海道新型コロナワクチン接種相談センター
電話 0120-306-154 (フリーダイヤル)
受付時間 午前9時から午後5時30分(平日、土・日曜日、祝日)
こちらでは副反応等に関する相談を受け付けています。

お問い合わせ先

標茶町 ふれあい交流センター内 健康推進係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町開運4丁目2番地
TEL 015-486-7383(新型コロナワクチン専用回線)

お知らせ

ページの先頭へ